青木高見のジャズコレクション James Clay (ts) ジェイムズ・クレイ

略歴
James Clay ジェイムズ・クレイ(James Clay 出生名:James Earl Clay 1935年9月8日~1994年1月1日)はアメリカ合衆国テキサス州ダラス生まれのジャズ・テナーサックス、フルート奏者。
(青木高見)



【INDEX (リーダーアルバム)】
James Clay - David Fathead Newman / The Sound of The Wide Open Spaces (VICJ-23072)

【INDEX (コ・リーダーアルバム)】
Lawrence Marable - James Clay / Tenorman (TOCJ-6828)

【INDEX (共演アルバム)】



【以下コンテンツ】


James Clay - David Fathead Newman / The Sound of The Wide Open Spaces (VICJ-23072) James Clay - David Fathead Newman / The Sound of The Wide Open Spaces (VICJ-23072)

「ジャズ/ジェイムズ・クレイ」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/デヴィッド・ファットヘッド・ニューマン」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : April 26, 1960

Personnel :
James Clay (ts)
David Fathead Newman (ts)
Wynton Kelly (p)
Sam Jones (b)
Arthur Taylor (ds)

Song name :
01. Wide Open Spaces
02. They Can't Take That Away from Me
03. Some Kinda Mean
04. What's New?
05. Figger-Ration

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジェイムズ・クレイ(James Clay 出生名:James Earl Clay 1935年9月8日~1994年1月1日)はアメリカ合衆国テキサス州ダラス生まれのジャズ・テナーサックス、フルート奏者。
デヴィッド・ファットヘッド・ニューマン(David Newman 出生名:David "Fathead" Newman 1933年2月24日~2009年1月20日)はテキサス州コーシカナ生まれ、ジャズとR&Bのテナーサックス、アルトサックス、フルートなどのマルチ・リード奏者。
LPは1960年4月26日の録音、発売元がリヴァーサイド・レコード(Riverside Records)RLP 1178番、5曲入り。
CDは発売元がビクター音楽産業株式会社、オリン・キープニュース(Orrin Keepnews)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、小川隆夫氏による日本語解説、5曲入り。
メンバーはテナーサックスがジェイムズ・クレイ、テナーサックスとフルートがデヴィッド・ファットヘッド・ニューマン、ピアノがウイントン・ケリー、ベースがサム・ジョーンズ、ドラムがアート・テイラー。
ジェイムズ・クレイとファットヘッド・ニューマンは互いにテキサス州で同郷。
仕事も一緒にR&Bの伴奏をしていた。
この2人に目を付けたのがキャノンボール・アダレイ、みずからプロデュースを買って出てリリースしたのが当アルバム。
演奏はウイントン・ケリー率いる完璧なリズム隊をバックにR&Bフレーバーのハード・バップ。
(青木高見)





Lawrence Marable - James Clay / Tenorman (TOCJ-6828) Lawrence Marable - James Clay / Tenorman (TOCJ-6828)

「ジャズ/ローレンス・マラブル」のリーダーアルバムとしています。
「ジャズ/ジェームス・クレイ」でも同じ内容を掲載しています。

Recorded : August, 1956

Personnel :
Lawrence Marable (ds)
James Clay (ts)
Sonny Clark (p)
Jimmy Bond (b)

Song name :
01. The Devil And Deep Blue Sea
02. Easy Living
03. Minor Meeting
04. Airtight
05. Willow Weep For Me
06. Three Fingers North
07. Lover Man
08. Marbles

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ローレンス・マラブル(Larance Marable 出生名:Larance Norman Marable 1929年5月21日~2012年7月4日) はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロスアンゼルス生まれのドラマー。
ジェイムズ・クレイ(James Clay 出生名:James Earl Clay 1935年9月8日~1994年1月1日)はアメリカ合衆国テキサス州ダラス生まれのジャズ・テナーサックス、フルート奏者。
LPは1956年8月の録音、発売元がジャズ・ウエスト(Jazz West)JWLP-8番、8曲入り。
CDは発売元が東芝EMI株式会社、英語ライナーノーツなし、岡崎正通氏による日本語解説、8曲入り。
メンバーはドラムがローレンス・マラブル、テナーサックスがジェイムズ・クレイ、ピアノがソニー・クラーク、ベースがジミー・ボンド。
演奏はローレンス・マラブルのリーダー作なのにジェイムズ・クレイをフロントにして自身は謙虚なドラム。
そしてアルバム・タイトルも「ドラム・マン」としないで「テナーマン」。
アルバム・ジャケットの写真ではジェイムズ・クレイがデカく写(うつ)り、自分の顔はボカシている。
どこまでも、お人よしの性格がドラムに表れている。
ピアノのソニー・クラークにも耳を傾けたい。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲