青木高見のジャズコレクション Franco Ambrosetti (tp, flh) フランコ・アンブロセッティ


略歴
Franco Ambrosetti フランコ・アンブロセッティ(Franco Ambrosetti 1941年12月10日~) は、スイス・ルガーノ生まれのジャズ・トランペット、フリューゲルホーン奏者。
ルガーノはイタリア語圏、アンブロセッティは名前の示すとおりイタリア系のスイス人。
父はジャズ・サックス奏者で、その影響で演奏家になった。
またエットーレ・アンブロゼッティ&サンズ(乗用車やトラック、農業機械、また航空産業向けの金属ホイールを供給している会社)の重役の顔を持つ。
普通、二束の草鞋(わらじ)だと、どちらか一方は劣る場合が多いが、この人は別、演奏は完璧。
〈青木高見)



【INDEX (リーダーアルバム)】
Franco Ambrosetti / Movies (K32Y 6216)   Franco Ambrosetti / Gin And Pentatonic (CRCJ-1020) Franco Ambrosetti / Wings Franco Ambrosetti / Tentets

【以下コンテンツ】


Franco Ambrosetti / Movies (K32Y 6216) Franco Ambrosetti / Movies (K32Y 6216)

Recorded : November 24-25, 1986

Personnel :
Franco Ambrosetti (tp, flh)
John Scofield (g)
Geri Allen (p, syn)
Michael Formanek (b)
Daniel Humair (ds)
Jerry Gonzalez (per)

Song name :
01. Summertime
02. Yellow Submarine
03. Chan's Song ( Never Said )
04. That Old Black Magic
05. Good Morning Heartache
06. Magnificent Seven
07. Falling In Love Again
08. Be A Brave Utopist

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : フランコ・アンブロセッティ(Franco Ambrosetti 1941年12月10日~) は、スイス・ルガーノ生まれのジャズ・トランペット、フリューゲルホーン奏者。
LPは1986年11月24日・25日の録音、エンヤ・レコード(Enja Records)5035番、8曲入り、通算5枚目。
CDは発売元が発売元がキングレコード株式会社、英語ライナーノーツなし、小川隆夫氏による日本語解説、8曲入り。
メンバーはトランペットとフリューゲルホーンがフランコ・アンブロセッティ、ピアノとシンセがジュリ・アレン、ギターがジョン・スコフィールド、ベースがマイケル・フォーマンエック、ドラムがダニエル・ユメール、パーカッションがジェリー・ゴンザレス。
演目と共演者は意表を突かされた。
演目は映画に、ちなんだものが集められているというが、まったく脈絡のないアンバランスな試みがアレンジと相まって、一般の映画音楽とは全く違う。
黒人にはない、やはりヨーロッパの音なのだが、決して軟弱ではなく人間的な温か味があり奥深い。
2曲目のビートルズの「Yellow Submarine(イエロー・サブマリン)」、6曲目「Magnificent Seven(荒野の7人)」は思わず笑ってしまうが本物のジャズに仕上がっている。
高度な技術と音楽性はフランコ・アンブロセッティの考えるジャズを体感できる。
(青木高見)





Franco Ambrosetti / Gin And Pentatonic (CRCJ-1020) Franco Ambrosetti / Wings Franco Ambrosetti / Tentets Franco Ambrosetti / Gin And Pentatonic (CRCJ-1020)

Song number, LP-name, Recorded :
#01-02, #04, #07 [Franco Ambrosetti / Wings] Rec:December 1-2, 1983

#03, #05-06 [Franco Ambrosetti / Tentets] Rec:March 13-14, 1985

Personnel :
Franco Ambrosetti (flh, tp)
Michael Brecker (ts)
Daniel Humair (ds)

[#03, #05-06]
Recorded March 13-14, 1985
At A and R Studios ,NYC ,US
(from Enja LP 4096 "Tentets")
Tommy Flanagan (p)
Lew Soloff (tp)
Michael Mossman (tp)
Alex Brofsky (frh)
Steve Coleman (as)
Howard Johnson (tuba, bs)
Dave Holland (b)

[#01-02, #04, #07]
Recorded December 1-2, 1983
At Skyline Studios ,NYC ,US
(from Enja 4068 "Wings")
Kenny Kirkland (p)
John Clark (frh)
Buster Williams (b)

Song name :
01. Miss,Your Quelcque Chose
02. More Wings For Wheelers
03. Yes Or No
04. Gin And Pentatonic
05. Autumn Leaves
06. Ode To A Princess
07. Atisiul

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : フランコ・アンブロセッティ (Franco Ambrosetti 1941年12月10日~)  は、スイス・ルガーノ生まれのジャズ・トランペット、フリューゲルホーン奏者。
CDはアルバム「ウィングス(Wings)」「テンテッツ(Tentets)」が1枚にカップリング。
LPは「Wings」は1983年12月1~2日の録音、エンヤ・レコード(Enja Records)4068番、4曲入り。
以下、LPの演目。
A1. Miss, Your Quelque Shows
A2. Gin And Pentatonic
B1. Atisiul
B2. More Wings For Wheelers
LPは「Tentets」は1985年3月13日・14日の録音、エンヤ・レコード(Enja Records)4096番、5曲入り。
以下、LPの演目。
A1. Yes Or No
A2. Rio Morena, Allegro Con Brio
A3. Autumn Leaves
B1. Ten And Eleven
B2. Ode To A Princess
CDは発売元が日本クラウン株式会社、アイラ・ギトラー(Ira Gitler)氏による翻訳オリジナル・ライナーノーツ、7曲入り。
メンバーはトランペット、フリューゲルホーンがフランコ・アンブロセッティ、テナーサックスがマイケル・ブレッカー、ドラムがダニエル・ユメール。
「テンテッツ(Tentets)」が。
ピアノがトミー・フラナガン、トランペットがルー・ソロフとマイケル・モスマン、フレンチホルンがアレックス・ブロフスキー、アルトサックスがスティーブ・コールマン、チューバとバリトンサックスがハワード・ジョンソン、ベースがデイヴ・ホランド。
「ウィングス(Wings)」が。
ピアノがケニー・カークランド、フレンチホルンがジョン・クラーク、ベースがバスター・ウイリアムス。
凄いのは、リーダー級の頭脳的なミュージシャンが集められている。
4曲目は、お酒の「ジン・トニック」をジャズ・スケールの「ペンタ・トニック」とダシャレている。
ちなみにCD演目で、LP「テンテッツTentets」の演目のA2「Rio Morena, Allegro Con Brio」とB1「Ten and Eleven」の2曲は外されている。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲