青木高見のジャズコレクション Curtis Amy (ts) カーティス・アミー(エイミー)


略歴
Curtis Amy カーティス・アミー(エイミー)(Curtis Amy 1929年10月11日~2000年6月5日)はアメリカ合衆国テキサス州生まれのジャズ、R&Bのテナーサックス奏者。
(青木高見)



【INDEX (リーダーアルバム)】
Curtis Amy and Frank Butler / Groovin' Blue (TOCJ-50226)

---------------- Curtis Amy / Four Classic Albums (AMSC 1316) ----------------
Curtis Amy / Four Classic Albums (AMSC 1316) Curtis Amy - Paul Bryant / The Blues Message Curtis Amy - Frank Butler / Groovin' Blue Curtis Amy - Paul Bryant / Meetin' Here Curtis Amy / Way Down


【INDEX (共演アルバム)】



【以下コンテンツ】


Curtis Amy and Frank Butler / Groovin' Blue (TOCJ-50226) Curtis Amy and Frank Butler / Groovin' Blue (TOCJ-50226)

「ジャズ/カーティス・アミー(エイミー)」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/フランク・バトラー」でも同じ内容を掲載しています。  →

Song number, Recorded :
#04 Rec:December 10, 1960
#01-03, #05-06 Rec:January 10, 1961

Personnel :
Curtis Amy (ts)
Frank Butler (ds)
Frank Strazzeri (p)
Bobby Hutcherson (vib)
Carmell Jones (tp)
Jimmy Bond (b)

Song name :
01. Gone nto It
02. Annsome
03. Bobblin'
04. Groovin' Blue
05. Beautiful You
06. Very Frank

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : カーティス・アミー(エイミー)(Curtis Amy 1929年10月11日~2000年6月5日)はアメリカ合衆国テキサス州生まれのジャズ、R&Bのテナーサックス奏者。
フランク・バトラー(Frank Butler 1928年2月18日~1984年7月24日)はアメリカ合衆国ミズーリ州カンザスシティ生まれのジャズ・ドラマー。
LPは4曲目が1960年12月、1~3、5~6曲目が1961年1月10日の録音、パシフィック・ジャズ(Pacific Jazz)ST-19番、6曲入り。
CDは発売元が株式会社EMIミュージック・ジャパン、ジョン・ウイリアム・ハーディ(John William Hardy)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、佐藤秀樹氏による日本語解説、6曲入り。
メンバーはテナーサックスがカーティス・アミー(エイミー)、ドラムがフランク・バトラー、ピアノがフランク・ストラッツェリ、ビブラフォンがボビー・ハッチャーソン、トランペットがカーメル・ジョーンズ、ベースがジミー・ボンド。
アルバム・ジャケット、向かって左側がカーティス・エイミー、右側がフランク・バトラー。
演奏は誇張のないピュアなハード・バップ。
ボビー・ハッチャーソンはこの時、何と19歳。
またカーメル・ジョーンズのトランペットにも耳を傾けたい。
5曲目のバラード「Beautiful You」はボビー・ハッチャーソンのビブラフォンが続いた後、忘れた頃に、じんわりカーティス・エイミーが入ってきて鳥肌もの。
ちなみに「Curtis Amy」の「Amy」の「A」、日本語では「エー」とも「アー」も発音ができ「アミー」「エイミー」と言ったり人それぞれ。
(青木高見)



---------------- Curtis Amy / Four Classic Albums (AMSC 1316) ----------------
Curtis Amy - Paul Bryant / The Blues Message
「ジャズ/カーティス・アミー(エイミー)」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/ポール・ブライアント」でも同じ内容を掲載しています。  →

Curtis Amy / Four Classic Albums (AMSC 1316) Curtis Amy - Paul Bryant / The Blues Message
Recorded : August 11 and 17, 1960

Personnel :
Curtis Amy (ts)
Paul Bryant (org)
Roy Brewster (valve-tb)
Clarence Jones (b) A2
Jimmy Miller (ds) B3

Song name :
(The Blues Message A1) (Four Classic Albums Disk1 #01). Searchin'
(The Blues Message A2) (Four Classic Albums Disk1 #02). Goin' Down, Catch Me A Woman
(The Blues Message B1) (Four Classic Albums Disk1 #03). The Blues Message
(The Blues Message B2) (Four Classic Albums Disk1 #04). Come Rain Or Come Shine
(The Blues Message B3) (Four Classic Albums Disk1 #05). This Is The Blues

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : カーティス・アミー(エイミー)(Curtis Amy 1929年10月11日~2000年6月5日)はアメリカ合衆国テキサス州生まれのジャズ、R&Bのテナーサックス奏者。
ポール・ブライアント(Paul Bryant 1933年9月22日~)はアメリカ合衆国ニュージャージー生まれのジャズ・オルガニスト、映画俳優。
LPは1960年8月11日・17日の録音、パシフィック・ジャズ(Pacific Jazz)PJ-9番、5曲入り。
CDは発売元がアビッド・ジャズ(Avid Jazz)、輸入盤、アビッド・ジャズ(Avid Jazz)による英語オリジナル・ライナーノーツ、CD2枚組、全24曲入り。
メンバーはテナーサックスがカーティス・アミー(エイミー)、オルガンがポール・ブライアント、バルブ・トロンボーンがロイ・ブリュースター、ベースがクラレンス・ジョーンズ、ドラムがジミー・ミラー。
演奏はブルース・フィーリングあふれる黒いオルガン。
どの曲も最初オルガンで始まり、ほどなくホーン・セクションが入ってくる。
普通、オルガンの場合、ベースは足で弾くのでベーシストはいない、しかしここではクラレンス・ジョーンズが入り音に厚みが増した。
(青木高見)




Curtis Amy and Frank Butler / Groovin' Blue (TOCJ-50226)
「ジャズ/カーティス・アミー(エイミー)」のリーダーアルバムとしています。
「ジャズ/フランク・バトラー」でも同じ内容を掲載しています。

Curtis Amy / Four Classic Albums (AMSC 1316) Curtis Amy And Frank Butler / Groovin' Blue

Song number, Recorded :
#09 Rec:December 10, 1960
#06-08, #10-11 Rec:January 10, 1961

Personnel :
Curtis Amy (ts)
Frank Butler (ds)
Frank Strazzeri (p)
Bobby Hutcherson (vib)
Carmell Jones (tp)
Jimmy Bond (b)

Song name :
(Groovin' Blue A1) (Four Classic Albums Disk1 #06). Gone nto It
(Groovin' Blue A2) (Four Classic Albums Disk1 #07). Annsome
(Groovin' Blue A3) (Four Classic Albums Disk1 #08). Bobblin'
(Groovin' Blue B1) (Four Classic Albums Disk1 #09). Groovin' Blue
(Groovin' Blue B2) (Four Classic Albums Disk1 #10). Beautiful You
(Groovin' Blue B3) (Four Classic Albums Disk1 #11). Very Frank

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : カーティス・アミー(エイミー)(Curtis Amy 1929年10月11日~2000年6月5日)はアメリカ合衆国テキサス州生まれのジャズ、R&Bのテナーサックス奏者。
フランク・バトラー (Frank Butler 1928年2月18日~1984年7月24日) はアメリカ合衆国ミズーリ州カンザスシティ生まれのジャズ・ドラマー。
LPは4曲目が1960年12月、1~3、5~6曲目が1961年1月10日の録音、パシフィック・ジャズ(Pacific Jazz)ST-19番、6曲入り。
CDは発売元がアビッド・ジャズ(Avid Jazz)、輸入盤、アビッド・ジャズ(Avid Jazz)による英語オリジナル・ライナーノーツ、CD2枚組、全24曲入り。
メンバーはテナーサックスがカーティス・アミー(エイミー)、ドラムがフランク・バトラー、ピアノがフランク・ストラッツェリ、ビブラフォンがボビー・ハッチャーソン、トランペットがカーメル・ジョーンズ、ベースがジミー・ボンド。
アルバム・ジャケット、向かって左側がカーティス・エイミー、右側がフランク・バトラー。
演奏は誇張のないピュアなハード・バップ。
ボビー・ハッチャーソンはこの時、何と19歳。
またカーメル・ジョーンズのトランペットにも耳を傾けたい。
5曲目のバラード「Beautiful You」はボビー・ハッチャーソンのビブラフォンが続いた後、忘れた頃に、じんわりカーティス・アミー(エイミー)が入ってきて鳥肌もの。
(青木高見)




Curtis Amy - Paul Bryant / Meetin' Here
「ジャズ/カーティス・アミー(エイミー)」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/ポール・ブライアント」でも同じ内容を掲載しています。  →

Curtis Amy / Four Classic Albums (AMSC 1316) Curtis Amy - Paul Bryant / Meetin' Here
Recorded : February 1, 1961

Personnel :
Curtis Amy (ts)
Paul Bryant (org)
Roy Brewster (valve-tb)
Clarence Jones (b)
Jimmy Miller (ds)

Song name :
(Meetin' Here A1) (Four Classic Albums Disk2 #01). Meetin' Here
(Meetin' Here A2) (Four Classic Albums Disk2 #02). Early In The Morning
(Meetin' Here A3) (Four Classic Albums Disk2 #03). If I Were A Bell
(Meetin' Here B1) (Four Classic Albums Disk2 #04). One More Hamhock Please
(Meetin' Here B2) (Four Classic Albums Disk2 #05). Angel Eyes
(Meetin' Here B3) (Four Classic Albums Disk2 #06). Just Friends

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : カーティス・アミー(エイミー)(Curtis Amy 1929年10月11日~2000年6月5日)はアメリカ合衆国テキサス州生まれのジャズ、R&Bのテナーサックス奏者。
ポール・ブライアント(Paul Bryant 1933年9月22日~)はアメリカ合衆国ニュージャージー生まれのジャズ・オルガニスト、映画俳優。
LPは1961年2月1日・1日の録音、パシフィック・ジャズ(Pacific Jazz)PJ-26番、6曲入り。
CDは発売元がアビッド・ジャズ(Avid Jazz)、輸入盤、アビッド・ジャズ(Avid Jazz)による英語オリジナル・ライナーノーツ、CD2枚組、全24曲入り。
メンバーはテナーサックスがカーティス・アミー(エイミー)、オルガンがポール・ブライアント、バルブ・トロンボーンがロイ・ブリュースター、ベースがクラレンス・ジョーンズ、ドラムがジミー・ミラー。
演奏は漆黒のオルガンとテナーサックス、アーシーな音。
話は飛ぶが「ハムホック(Hamhock)」は豚足。
(青木高見)




Curtis Amy / Way Down

Curtis Amy / Four Classic Albums (AMSC 1316) Curtis Amy / Way Down
Recorded : January 29 and February 5, 1962

Personnel :
Curtis Amy (ts)
John Houston (p) A3 A4, B1
Victor Feldman (p) A1, A2, B2, B3
Ron Ayers (vib)
Marcus Belgrave (tp)
Roy Brewster (valve-tb)
George Morrow (b)
Tony Bazley (ds)

Song name :
(Way Down A1) (Four Classic Albums Disk2 #07). Way Down
(Way Down Here A2) (Four Classic Albums Disk2 #08). Liberia
(Way Down Here A3) (Four Classic Albums Disk2 #09). 24 Hour Blues
(Way Down Here A4) (Four Classic Albums Disk2 #10). Liza
(Way Down Here B1) (Four Classic Albums Disk2 #11). A Soulful Bee, A Soulful Rose
(Way Down Here B2) (Four Classic Albums Disk2 #12). All My Life
(Way Down Here B3) (Four Classic Albums Disk2 #13). Bells And Horns

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : カーティス・アミー(エイミー)(Curtis Amy 1929年10月11日~2000年6月5日)はアメリカ合衆国テキサス州生まれのジャズ、R&Bのテナーサックス奏者。
LPは1962年1月29日・2月5日の録音、パシフィック・ジャズ(Pacific Jazz)PJ-46番、7曲入り。
CDは発売元がアビッド・ジャズ(Avid Jazz)、輸入盤、アビッド・ジャズ(Avid Jazz)による英語オリジナル・ライナーノーツ、CD2枚組、全24曲入り。
メンバーはテナーサックスがカーティス・アミー(エイミー)、ピアノがジョン・ヒューストンとヴィクター(ビクター)・フェルドマン、ビブラフォンがロイ・エアーズ、トランペットがマーカス・ベルグレイブ、ベースがジョージ・モロウ、ドラムがトニー・バズレー。
どちらかと言うとシブめのメンバーが集められている。
演奏は何もかも全てわかっているメンバーによる粋なスモール・コンボ。
また本来ビブラフォンが得意なヴィクター(ビクター)・フェルドマンはピアノに専念し、ロイ・エアーズに全て任せている。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲