青木高見のジャズコレクション Lee Ritenour (g, arr) リー・リトナー


寸評
リー・リトナー (Lee Mack Ritenour 1952年1月11日~) はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンジェルス生まれのフュージョン、ジャズ・ギタリスト。
2005年5月に、日本の歌手の「杏里」と婚約を発表。
7月に杏里がリリースしたアルバムのプロデューサーを担当。
しかし、2008年4月28日「杏里」の公式サイトで婚約を破棄したことが掲示された。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Lee Ritenour / The Captain's Journey Lee Ritenour / The Captain's Journey

Released : 1978

Personnel :
Lee Ritenour (g, g-syn)
Dave Grusin (syn : #01, #03, minimoog : #01, #03, #05, rhodes-p : #02, #7, el-p : #05, #06, p : #03, #04, #07, per : #06, #07, rhythm-arrangement : #2), strings-arr, fl-arr, prod)
Bill Champlin (vo) #02, (vo-arr) #02
Patti Austin (vo) #06
Tom Baylor (vo) #06
Jay Graydon (g) #02, #04
Mitch Holder (g) #03, #06
Ian Underwood (syn) #01
Ed Walsh (syn-prog)
Patrice Rushen (rhodes-p) #01, (el-p) #01
David Foster (rhodes-p) #04, (p) #02, (rhythm-arr) #02
Don Grusin (p) #05
David Nadien (strings)
Steve Gadd (ds) (except #03)
Alex Acuña (ds) #03, (per) #01, #03
Steve Forman (per) #01, #03
Paulinho da Costa (per) #03, #05, #06
Sue Evans (per) #04-#07
Steve Thornton (per) #04
Larry Rosen (per) #07, (engineering)
Abraham Laboriel (b)
Anthony Jackson (b) #01
Ernie Watts (ts, ss)
Dave Valentin (fl) #07
Eddie Daniels (fl) #07
Ray Beckstein (fl) #07
Carmen Twillie (background-vo) #02
Venette Gloud (background-vo) #02
Tommy Vicari (engineering)
Peter Chaiken (engineering)
Howard Steele (engineering)
Linda Tyler (engineering)
Dennis Digher (engineering)
Chris Gordon (engineering)
Neil Dorfsman (engineering)
Joe Gastwirt (mastering)

Song name :
01. The Captain's Journey
  Part I : The Calm
  Part II : The Storm
02. Morning Glory
03. Sugarloaf Express
04. Matchmakers
05. What Do You Want?
06. That's Enough For Me
07. Etude" Dave Grusin

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : リー・リトナー (Lee Mack Ritenour 1952年1月11日~) はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンジェルス生まれのフュージョン、ジャズ・ギタリスト。
アルバムはリー・リトナー、1978年、エレクトラ・レーベルからのリリース。
ディスコグラフィーでは 「First Course 1976 Epic」 「Lee Ritenour and His Gentle Thoughts 1977 JVC」 「Captain Fingers 1977 Epic」 「Sugar Loaf Express 1977 JVC」 「Friendship 1978 JVC」 「The Captain's Journey 1978 Elektra」 の通算6枚目の作品となる。
共演者は、プロデューサーと曲の提供がデイブ・グルーシン、ベースがエイブラハム・ラボリエル、サックスがアーニー・ワッツ、ドラムがスティーブ・ガッド、パーカッションがパウリーニョ・ダ・コスタほか大勢。
リー・リトナーのアルバムは40枚以上リリースされているが、エレクトラ・レーベルと契約しファーストとなる。
意気込みもそうとうなもので、過去の路線を継承しつつ、これからスタートする新鮮さが聴きどころ。
アルバム・ジャケットも、ハーバーでカジキマグロに見立てた、当時使用していた 「ギブソン ES-335」 が表している。
2016年9月に来日し、ブルーノート東京で演奏したのが記憶に新しい。
デビューから長い期間、精力的に活動しているミュージシャンといえる。
以下、演目の作曲者を明記した。
01. The Captain's Journey
  Part I: The Calm (Lee Ritenour)
  Part II: The Storm (Lee Ritenour)
02. Morning Glory (Lee Ritenour, lyrics by Bill Champlin)
03. Sugarloaf Express (Lee Ritenour)
04. Matchmakers (Lee Ritenour)
05. What Do You Want? (Don Grusin)
06. That's Enough For Me (Don Grusin, lyrics by Patti Austin)
07. Etude" Dave Grusin (Don Grusin)
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲