青木高見のジャズコレクション Tower Of Power タワー・オブ・パワー

略歴
Tower Of Power タワー・オブ・パワー(Tower of Power)は1970年から活動しているアメリカ合衆国のファンク、R&Bのバンド。
バリトンサックスをフィーチャーした重厚なホーンセクションが特徴。
ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースと活動していた頃は、タワー・オブ・パワー・ホーンズ。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】
Tower Of Power / Back To Oakland (2749-2)

【以下コンテンツ】


Tower Of Power / Back To Oakland (2749-2) Tower Of Power / Back To Oakland (2749-2)

Recorded : 1974

Personnel :
Tower Of Power (band)
Lenny Williams (lead-vo)
Chester Thompson (org, p, el-p, clavinet, background-vo)
Bruce Conte (g, background-vo)
Lenny Pickett (1st-ts, as, bs, ss, fl, alto-fl, piccolo)
Stephen "Doc" Kupka (bs, English-horn, background-vo)
Greg Adams (tp, flh, background-vo)
Mic Gillette (tp, flh, tb, bass-tb, background-vo)
Emilio Castillo (2nd tenor sax, background-vo)
Francis Rocco Prestia (b)
Brent Byars (conga, ds)
David Garibaldi (ds)

Song name :
01. Oakland Stroke...
02. Don't Change Horses (In The Middle Of A Stream)
03. Just When We Start Makin' It
04. Can't You See (You Doin' Me Wrong)
05. Squib Cakes
06. Time Will Tell
07. Man from the Past
08. Love's Been Gone So Long
09. I Got the Chop
10. Below Us, All the City Lights
11. ...Oakland Stroke

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : タワー・オブ・パワー(Tower of Power)は1970年から活動しているアメリカ合衆国のファンク、R&Bのバンド。
LPは1974年の録音、ワーナー・ブラザース・レコード(Warner Bros. Records)BS 2749番、11曲入り、通算5枚目。
CDは発売元がワーナー・ブラザース・レコード(Warner Bros. Records)、輸入盤、メンバーの顔写真、短い英語オリジナル・ライナーノーツ、11曲入り。
当サイトのジャズにタワー・オブ・パワーを入れる事は範疇(はんちゅう)を広げたと感じている。
作品はタワー・オブ・パワーのアルバムの中でも必携とされる1枚。
演奏はソウル・ファンクを基調に確かな技術のベースとドラムに重厚なホーン・セクションが重なる。
緻密で躍動感のある斬新なリズム、まさに、これが当時のクロスオーバー・サウンドだったと改めて感じる。
またインストではなくヴォーカルが入っているのがいい。
今になって入手し、なぜもっと早くタワー・オブ・パワーを聴いていんかったんだろうと悔やむ。
世評では今ひとつ人気が低く、これだけの実力がありながらメジャーになれなかった過小評価。
何がどこで時代の荒波に埋もれてしまったのか、今、改めて堪能したい。
以下、作曲者を明記した。
01. Oakland Stroke..." (Emilio Castillo, David Garibaldi, Stephen Kupka)
02. Don't Change Horses (in the Middle of a Stream)" (Johnny "Guitar" Watson, Lenny Williams)
03. Just When We Start Makin' It" (Castillo, Kupka, Lenny Williams)
04. Can't You See (You Doin' Me Wrong)" (Castillo, Kupka, Williams)
05. Squib Cakes" (Chester Thompson)
06. Time Will Tell" (Castillo, Kupka)
07. Man from the Past" (Castillo, Kupka, Williams)
08. Love's Been Gone So Long" (Bruce Conte)
09. I Got the Chop" (Castillo, Kupka)
10. Below Us, All the City Lights" (Castillo, Kupka)
11. ...Oakland Stroke" (Castillo, Garibaldi, Kupka)
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲