青木高見のジャズコレクション Seawind (band) シーウィンド


略歴
Seawind シーウィンド(Seawind)は1976年、ドラマーのハーヴィー・メイソンがプロデュースしたアメリカ合衆国ハワイ州出身のフュージョン・バンド。
ハワイ出身のバンドという触書(ふれがき)だがハワイ州出身者はヴォーカルがポーリン・ウィルソンとベースがケン・ワイルドだけ。
〈青木高見)



【INDEX (リーダーアルバム)】
Seawind / Light The Light (POCM 5075) Seawind / Seawind (UICY 79288)

【以下コンテンツ】


Seawind / Light The Light (POCM 5075) Seawind / Light The Light (POCM 5075)

Release : 1979

Personnel :
seawind (band)
Tommy LiPuma (prod)
Pauline Wilson (vo)
Larry Williams (key, ts, fl, piccolo)
Bud Nuanez (g)
Jerry Hey (tp, flh)
Kim Hutchcroft (as, ts, bs, fl)
Ken Wild (b)
Bob Wilson (ds)
[guest]
Gary Grant (tp)
Bill Reichenbach Jr. (tb)
Paulinho Da Costa (per)
Benard Ighner (back-vo)
Bill Champlin (back-vo)

Song name :
01. Hold On To Love
02. Free
03. Sound Rainbow
04. Follow Your Road
05. Light The Light
06. Morning Star
07. Imagine
08. Enchanted Dance

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : シーウィンド(Seawind)は1976年、ドラマーのハーヴィー・メイソンがプロデュースしたアメリカ合衆国ハワイ州出身のフュージョン・バンド。
LPは1979年のリリース、発売元がA&Mレコード(A and M Records)SP-3173番、8曲入り、サードアルバム。
CDは発売元がA&Mレコード(A and M Records)・ホライズン(Horizon)、英語歌詞、A&Mレコード(A and M Records)による英語オリジナル・ライナーノーツ、熊谷美広氏による日本語解説、8曲入り。
メンバーはプロデューサーがトミー・リピューマ、ヴォーカルがポーリン・ウィルソン、キーボードとサックスとフルートがラリー・ウィリアムズ、アルトサックスとウッドウインズがキム・ハッチクロフト、トランペットとフリューゲルホーンがジェリー・ヘイ、ベースがケン・ワイルド、ドラムがボブ・ウイルソン、ゲストでパーカッションがパウリーニョ(ポーリニョ)・ダ・コスタほか。
当時はAORというジャンルは、まだ無くフュージョン、クロスオーバーもしくはアダルト・コンテンポラリーだった。
日本ではディスコ、ソウルが流行していた時代、サラリとした潮の香りが漂うライト・サウンドが新鮮。
特にポーリン・ウィルソンの爽やかなヴォーカルが印象的。
またプロデューサーがトミー・リピューマ。
ハワイ出身のバンドという触書(ふれがき)だが、ハワイ州出身はヴォーカルのポーリン・ウィルソンとベースのケン・ワイルドだけ。
(青木高見)





Seawind / Seawind (UICY 79288) Seawind / Seawind (UICY 79288)

Release : 1980

Personnel :
Seawind (band)
George Duke (prod, key)
Pauline Wilson (vo)
Bud Nuanez (g)
Roland Bautista (g)
Larry Williams (key, woodwinds)
Kim Hutchcroft (woodwinds)
Jerry Hey (tp, flh)
Ken Wild (b)
Bob Wilson (ds)
Paulinho Da Costa (per)
others

Song name :
01. What Cha Doin'
02. The Two of Us
03. Love Him, Love Her
04. Everything Needs Love
05. Shout
06. Still in Love
07. Pra Vose
08. I Need Your Love
09. Long, Long Time

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : シーウィンド(Seawind)は1976年、ドラマーのハーヴィー・メイソンがプロデュースしたアメリカ合衆国ハワイ州出身のフュージョン・バンド。
LPは1980年の録音リリース、発売元がA&Mレコード(A and M Records)SP-4824番、9曲入り、ディスコグラフィーでは4作目、ラスト・アルバム、邦題「海鳥」。
CDは発売元がA&Mレコード(A and M Records)・ホライズン(Horizon)、英語歌詞、歌詞対訳、英語ライナーノーツなし、金澤寿和氏による日本語解説、9曲入り。
メンバーはプロデューサーがジョージ・デューク、ヴォーカルがポーリン・ウィルソン、キーボードとウッドウインズがラリー・ウィリアムズ、ギターがバド・ヌアニス、ウッドウインズがキム・ハッチクロフト、トランペットとフリューゲルホーンがジェリー・ヘイ、ベースがケン・ワイルド、ドラムがボブ・ウイルソン、パーカッションがパウリーニョ(ポーリニョ)・ダ・コスタほか。
演奏はプロデュースがジョージ・デュークのため潮風感は薄まり都会的な音になる。
このアルバムがシーウィンドのファイナル・アルバムだと思って聴きたい。
アメリカより日本での人気があったバンドだったかもしれない。
話は飛ぶがヴォーカルのポーリン・ウィルソンの旦那さんのドラマーのボブ・ウイルソンは2人名義のアルバム「somebody loves you」をリリースしたのち1982年に離婚した。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲