青木高見のジャズコレクション Elvis Costello (g, vo, prod)


略歴
Elvis Costello エルヴィス・コステロ(Elvis Costello 出生名:Declan Patrick Aloysius MacManus 1954年8月25日~)はイギリス・ロンドン・パディントン生まれの音楽家、作曲家、プロデューサー。
奥様がジャズ・ピアニストのダイアナ・クラール。
エルヴィス・コステロのジャンルは幅広い、ロック、ロックンロール、パブロック、パンク・ロック、ニュー・ウェイブ、ポップ・ミュージック、カントリー、ジャズ。
どの年代の、どのジャンルかを確かめて聴かないと混乱する。
生粋のジャズ・ミュージシャンではないところが逆に聴きどころ。
(青木高見)



【INDEX (リーダー・アルバム)】
Elvis Costello / Kojak Variety (WARNER BROS 9 45903-2) Elvis Costello / My Aim True (DPAM1) Marian Mcpartland and Elvis Codtello / Piano Jazz (TJA-12049-2)


【以下コンテンツ】


Elvis Costello / Kojak Variety (WARNER BROS 9 45903-2) Elvis Costello / Kojak Variety (WARNER BROS 9 45903-2)

Recorded : 1989-1994

Release : May 5, 1995

Personnel :
Elvis Costello (vo, harmonica)
Larry Knechtel (p, hammond-org, el-p)
James Burton (steel-string-g, el-g)
Marc Ribot (horn, el-g, classical-g, banjo,)
Jerry Scheff (b)
Jim Keltner (ds)
Pete Thomas (ds)

Song name :
01. Strange
02. Hidden Charms
03. Remove This Doubt
04. I Threw It All Away
05. Leave My Kitten Alone
06. Everybody´s Crying Mercy
07. I´ve Been Wrong Before
08. Bama-Lama Bama-Loo
09. Must You Throw Dirt In My Face
10. Pouring Water On A Drowning Man
11. Very Thought Of You (The)
12. Payday
13. Please Stay
14. Running Out Of Fools
15. Days

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : エルヴィス・コステロ(Elvis Costello 出生名:Declan Patrick Aloysius MacManus 1954年8月25日~)はイギリス・ロンドン・パディントン生まれの音楽家、作曲家、プロデューサー。
CDは1989年から1994年の録音、1995年5月5日のリリース、発売元がワーナー・ブラザース・レコード(Warner Bros. Records)、輸入盤、エルヴィス・コステロ(Elvis Costello)氏自身による英語オリジナル・ライナーノーツ、15曲入り。
アルバム・タイトルは「コジャック・ヴァラエティ」、エルヴィス・コステロ自身が厳選したカヴァー・アルバム。
オリジナルはダブル盤だが、所持しているCDは15曲入り。
個人的に1回聴いただけではピンとこないが、何回か聴いてうるうち味が出てきそうな不思議な1枚。
内容は一言で言うとエルヴィス・コステロのパフォーマンスを味わう。
エルヴィス・コステロは必ず何かしてくれると思っていた。
奥さんがジャズ・ピアニストのダイアナ・クラール、やはり、やってくれた。
(青木高見)





Elvis Costello / My Aim True (DPAM1) Elvis Costello / My Aim True (DPAM 1)

Recorded : 1976-1977

Personnel :
Elvis Costello (g, vo)
Sean Hopper (p, org)

John Mcfee (g)
Johnny Ciambotti (b)
Micky Shine (ds)
EC,Nick Lowe (back-vo)
Sean Hopper (back-vo)
Johnny Ciambotti (back-vo)

Song name :
01. Welcome to the Working Week
02. Miracle Man
03. No Dancing
04. Blame It on Cain
05. Alison
06. Sneaky Feelings
07. (The Angels Wanna Wear My) Red Shoes
08. Less Than Zero (Album Version)
09. Mystery Dance
10. Pay It Back
11. I'm Not Angry
12. Waiting for the End of the World
13. Watching the Detectives (アメリカ版(「スニーキー・フィーリングス」の次曲として収録)・日本版のみ)
[Extended Play]
14. Radio Sweetheart
15. Stanger In The House
16. Imagination
17. Mystery Dance
18. Cheap Reward
19. Jump Up
20. Wave A White Flag
21. Blame It On Cain
22. Poison Moon

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : エルヴィス・コステロ(Elvis Costello 出生名:Declan Patrick Aloysius MacManus 1954年8月25日~)はイギリス・ロンドン・パディントン生まれの音楽家、作曲家、プロデューサー。
LPは1976年・1977年の録音、スティッフ・レコード(Stiff Records)SEEZ 3番、12曲入り。
以下、LPの演目。
A1. Welcome To The Working Week
A2. Miracle Man
A3. No Dancing
A4. Blame It On Cain
A5. Alison
A6. Sneaky Feelings
B1. (The Angels Wanna Wear My) Red Shoes
B2. Less Than Zero
B3. Mystery Dance
B4. Pay It Back
B5. I'm Not Angry
B6. Waiting For The End Of The World
CDは1993年のリリース、発売元が(Demon Records)DPAM 1、輸入盤、デーモンレコードによる英語オリジナル・ライナーノーツ、13~22曲目の10曲が追加され全22曲入り。
今の日本で当たり前になっている「パブ」、「パブリッシュ・ハウス」の略でイギリスの大衆酒場をいう。
70年から80年代、イギリスのパブでロック・ライブが夜な夜な行われた。
ここに出演したミュージシャン達は、巨大産業化していくハード・ロックやプログレとは逆行する形で荒削りではあるがシンプルで親しみやすい音楽を誕生させた。
個人的にはブルースの源流である労働歌や教会音楽、いわゆる労働階級から生み出される音楽とダブルものがある。
ただ、それが時間が経過するうちに徐々に産業化の波に呑み込まれていく。
そう思ってエルヴィス・コステロを聴くと面白い。
(青木高見)





Marian Mcpartland and Elvis Codtello / Piano Jazz (TJA-12049-2) Marian Mcpartland and Elvis Codtello / Piano Jazz (TJA-12049-2)

「ジャズ/エルヴィス・コステロ」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/マリアン・マクパートランド」でも同じ内容を掲載しています。  →

Release : July 22, 2005

Personnel :
Marian Mcpartland (p) #02, #04, #08, #12, #14
Marian McPartland (Interviewer) #01, #03, #05, #07, #09, #11, #13, #15, #17
Elvis Codtello (vo, g, Interviewee)
Gary Mazzaroppi (b) #02, #04, #08, #12

Song name :
01. Conversation (会話)
02. At Last
03. Conversation (会話)
04. My Funny Valentine
05. Conversation (会話)
06. Almost Blue
07. Conversation (会話)
08. Very Thought Of You (The)
09. Conversation (会話)
10. Gloomy Sunday
11. Conversation (会話)
12. You Don't Know What Love Is
13. Conversation (会話)
14. They Didn't Believe Me
15. Conversation (会話)
16. I'm In The Mood Again
17. Conversation (会話)
[music] 02. At Last
04. My Funny Valentine
06. Almost Blue
08. Very Thought Of You (The)
10. Gloomy Sunday
12. You Don't Know What Love Is
14. They Didn't Believe Me
16. I'm In The Mood Again

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : エルヴィス・コステロ(Elvis Costello 出生名:Declan Patrick Aloysius MacManus 1954年8月25日~)はイギリス・ロンドン・パディントン生まれの音楽家、作曲家、プロデューサー。
マリアン・マクパートランド(Marian McPartland 出生名:Margaret Marian McPartland 1918年3月20日~)はイギリス・バークシャー州生まれの女性ジャズピアニスト、作曲家、作家。
CDはジャズ・アライアンス・レーベル(Jazz Alliance)からのリリース、マリアン・マクパートランドの「Marian McPartland's Piano Jazz」と題したニューヨークの木曜日・夜のFM放送、2005年7月22日のゲスト・エルヴィス・コステロの番組を収録、全16曲の内、演奏は8曲。
2人は互いにイギリス人、会話の間の演奏はマリアン・マクパートランドのピアノととエルヴィス・コステロのデュオ。
近年、日本盤がリリースされたので買い替えるか迷っている、会話の内容を知りたい。
エルヴィス・コステロが生粋のジャズ・シンガーでないもののジャズに造詣が深い事がわかる。
良い悪いではない、要はエルヴィス・コステロのジャンルの広さ、こういうジャズもあっていい。
なにしろ、奥さんがピアニストの、あのダイアナ・クラールを振り向かせたのだから。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲