青木高見のジャズコレクション Herbie Nichols (p) ハービー・ニコルズ


寸評
ハービー・ニコルズ (Herbie Nichols 1919年1月3日~1963年4月12日) はアメリカ合衆国ニューヨーク州マンハッタン生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【以下コンテンツ】


Herbie Nichols / Herbie Nichols Trio Herbie Nichols / Herbie Nichols Trio

Recorded :
July 29, 1955
August 7, 1955
April 19, 1956

Personnel :
Herbie Nichols (p)
Al McKibbon (b)
Teddy kotick (b)
Max Roach (ds)

Song name :
01. The Gig
02. House Party Starting
03. Chit-Chatting
04. The Lady Sings The Blues
05. Terpsichore 邦題:舞踏の女神
06. Spinning Song
07. Query
08. Wild Flower
09. Hangover Triangle
10. Mine

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ハービー・ニコルズ (Herbie Nichols 1919年1月3日~1963年4月12日) はアメリカ合衆国ニューヨーク州マンハッタン生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
アルバムはハービー・ニコルズ、1955年と1956年の録音、ブルーノートからのリリース。
共演者は、ベースがアル・マッキボンとテディ・コティック、ドラムがマックス・ローチ。
演目は 「Mine」 以外すべてハービー・ニコルズのオリジナル。
理由はともかく、よくぞブルーノートに録音を残してくれた。
才能を持ちながら世間に発表する機会がないまま44歳に白血病で亡くなってしまう。
さしずめ、亡くなってから再評価され、知名度が上るケース。
なぜ、世間は最初から平等に評価できないのだろう。
そういう自分も、このハービー・ニコルズをブルーノートをコレクションで知る。
左手から繰り出される打楽器的な奏法、多くの演奏家に影響を与えたに違いない。
やはり、作曲に際しドラムという楽器の特性を重要視したと伝えられる。
国内盤には日本語のライナーがあり 「内田昌之」 氏の訳でニコルズ自身のコメントが貴重。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲