青木高見のジャズコレクション Pat Martino (g) パット・マルティーノ


寸評
パット・マルティーノ (Pat Martino 1944年8月25日~) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのジャズギタリスト、作曲家。
父がアラブ系、母がイタリア系。
活動期間中、脳の障害を克服しての個性的な演奏は超絶。
演奏はビブラートやチョーキングなど一切せず、直球、ストレート、純粋無垢な音とセンスがイカす。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【以下コンテンツ】


Pat Martino / El Hombre Pat Martino / El Hombre

Recorded : May 1, 1967

Personnel :
Pat Martino (g)
Trudy Pitts (hammond-organ)
Danny Turner (fl)
Mitch Fine (ds)
Vance Anderson (bongos)
Abdu Johnson (congas)

Song name :
01. Waltz for Geri
02. Once I Loved
03. El Hombre
04. Cisco
05. One for Rose
06. A Blues for Mickey
07. Just Friends

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : パット・マルティーノ (Pat Martino 1944年8月25日~) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのジャズギタリスト、作曲家。
アルバムはパット・マルティーノ、May 1, 1967年5月1日の録音、プレスティッジ・レーベルからのリリース。
共演者は、オルガンがトゥルーディー・ピッツ、フルートがダニー・ターナー、ドラムがミッチ・ファインほか。
タイトルの 「El Hombre」 はスペイン語で 「男」。
演奏は、BGMの様な嫌味のない、涼風の様な演奏。
そういえば、女性オルガン奏者のトゥルーディー・ピッツのアルバムにパット・マルティーノ参加していたCDを昔、ジャズ喫茶で聴いた事がある。
ハモンド・オルガンにフルート、そこに超絶技巧のギターが彷徨(さまよ)い何ともいい気持ちにさせてくれる。
(青木高見)





Pat Martino / Baiyina (The Clear Evidence) Pat Martino / Baiyina (The Clear Evidence)

Recorded : June 11, 1968

Personnel :
Pat Martino (g)
Bobby Rose (g)
Gregory Herbert (as, fl)
Richard Davis (b)
Charles Persip (ds)
Reggie Ferguson (tabla)
Balakrishna (tambura)

Song name :
01. Israfel
02. Distant Land
03. Baiyina
04. Where Love's A Grown Up God

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : パット・マルティーノ (Pat Martino 1944年8月25日~) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのジャズギタリスト、作曲家。
アルバムはパット・マルティーノ、1968年6月11日の録音、プレスティッジ・レーベルからのリリース、タブラ、シタールが入ったサイケデリック・サウンド。
共演者は、ベースがリチャード・ディヴィス、ドラムがチャーリー・パーシップほか。
副題に 「A Psychedelic Excursion Through The Magical Mysteries Of The Koran」 とタイプされている。
父がアラブ系、母がイタリア系nお両親の影響があるのだろうか。
コーランとは、イスラム教(イスラーム)の聖典。
イスラム信仰では、唯一不二の神(アッラーフ)から最後の預言者に任命されたムハンマドに対して下された啓示とされている。
自分には未知の宗教だが、音楽はそのコーラン + マジカル・ミステリーを表現してるのだろうか。
独特の浮遊感、それが決して嫌味にならず、むしろ快感すら感じる。
やはり、パット・マルティーノの天才的な技術のなせる技なのか。
ジャズの系譜からは、フリー色が強く急進的なジャンルになると思う。
こんな一枚がコレクションにあってもいい。
(青木高見)





Pat Martino / Exit Pat Martino / Exit

Recorded : February 10, 1976

Personnel :
Pat Martino (g)
Gil Goldstein (p)
Richard Davis (b)
Billy Hart (ds)

Song name :
01. Exit
02. Come Sunday
03. Three Base Hit
04. Days of Wine and Roses
05. Blue Bossa
06. I Remember Clifford

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : パット・マルティーノ(Pat Martino 1944年8月25日~)はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのジャズギタリスト、作曲家。
アルバムはパット・マルティーノ、1976年2月10日の録音、ミューズ・レーベルからのリリース。
共演者は、ピアノがギル・ゴールドスタイン、ベースがリチャード・ディヴィス、ドラムがビリー・ハート。
ジャズCDコレクションをしていて、凄いアルバムに遭遇した。
邂逅(かいこう)すなわち 「めぐり逢い」。
そんな一瞬は予期せずしてやってくる。
ジャズ・ギタリストの巨人、ウェス、タル、ジョー、バーニー、ジム、ケニーらにも、まったく劣らない。
むしろ、彼らを越えているとも言える孤高のギタリスト。
こういうアルバムには、自分の、つたないコメントなどは意味ない。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲