青木高見のジャズコレクション John Lurie (as, ss) ジョン・ルーリー


寸評
ジョン・ルーリー(John Lurie 1952年12月14日~)はアメリカ合衆国マサチューセッツ州ミネアポリス出身のサックス奏者、作曲家、画家、俳優。
ジャズ・ピアニストのエヴァン・ルーリーはジョン・ルーリーの弟。
1978年にギタリストのアート・リンゼイ、エヴァン・ルーリーらと「The Lounge Lizards (ラウンジ・リザーズ)」を結成。
(青木高見)

【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


John Lurie / The Lounge Lizards _ Voice of Chunk John Lurie / The Lounge Lizards _ Voice of Chunk

Recorded : 1989

Personnel :
John Lurie (as, ss)
Roy Nathanson (as, ss, ts)
Curtis Fowlkes (tb)
Marc Ribot (g, tp)
Evan Lurie (p)
E.J.Rodriguez (per)
Erik Sanko (b)
Douglas Bowne (ds)

Song name :
01. Bob The Bob
02. Voice Of Chunk
03. One Big Yes
04. The Hanging
05. Uncle Jerry
06. A Paper Bag And The Sun
07. Tarantella
08. Bob The Bob (Home)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジョン・ルーリー(John Lurie 1952年12月14日~)はアメリカ合衆国マサチューセッツ州ミネアポリス出身のサックス奏者、作曲家、画家、俳優。
アルバムはジョン・ルーリー、1989年録音、ストレンジ・ビューティフル・ミュージックからのリリース。
共演者でピアノのエヴァン・ルーリーは弟。
ディスク・ユニオンの店員と話をしていたらジョン・ルーリーがかなり変わっているとの話になった。
それも、偶然この「Voice of Chunk」があった。
演奏は前衛絵画を観ている様な、今までに聴いたことのない音。
斬新で脳裏に強く焼き付いた。
やはりジャズは確実に進化している事の証のような音を実感。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲