青木高見のジャズコレクション Ry Cooder (g, vo, prod) ライ・クーダー

寸評
ライ・クーダー (Ry Cooder 1947年3月15日~) はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス生まれの歌手、ギタリスト、作曲家。
自分が演奏するスタイルとは別に、世界各国のルーツミュージックを発掘し世に広めた功績は大。
第37回グラミー賞において最優秀ワールド・ミュージック・アルバム賞を受賞。
4歳の時、ナイフによる事故が原因で片目を失明して義眼。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム (ジャズ関連のみ)】


【以下コンテンツ】


Ry Cooder / Jazz Ry Cooder / Jazz

Release : 1978

Personnel :
Ry Cooder (vo, g, harp, prod)
Joseph Byrd (arr, cond)
Bill Johnson (arr) B4, B5
Bill Johnson (backinng-vo) B4, B5
Cliff Givens (backinng-vo) B4, B5
Jimmy Adams (backinng-vo) B4, B5
Simon Pico Payne (backinng-vo) B4, B5
Earl Hines (p) A4
John Rodby (p) A1, B4
Barbara Starkey (org) A2, A5, B6
Tom Collier (vib) B1, B3, B4
Tom Collier (marimba) A4
David Lindley (andolin, andobanjo) A2, A5, B6
Mario Guarneri (cornet) A1
Oscar Brashear (cornet) A2, A5, B6
Pat Rizzo (as) A1
Harvey Pittel (as) A1, B1, B3, B4 
Bill Hood (bs) A1 
David Sherr (cl)  B4
Harvey Pittel (cl) B4
Willie Schwartz (cl) B4
David Sherr (bcl) B1, B3, B4
George Bohanon (baritone_horn) A2
George Bohanon (tb) A5, B6
Randy Aldcroft (tb) A1
Red Callender (tuba) A2, A5, B6
Stuart Brotman (cimbalom) A2, A5, B6
Chuck Domanico (b) A4
Tom Pedrini (b) B1, B3
Mark Stevens (ds) A1, A2, A4, A5, B4, B6

Song name :
01(A1). Big Bad Bill Is Sweet William Now
02(A2). Face To Face That I Shall Meet Him
03(A3). The Pearls
04(A4). The Dream
05(A5). Happy Meeting In Glory
06(B1). In A Mist
07(B2). Flashes
08(B3). Davenport Blues
09(B4). Shine
10(B5). Nobody
11(B6). We Shall Be Happy

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ライ・クーダー (Ry Cooder 1947年3月15日~) はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス生まれの歌手、ギタリスト、作曲家。
当、ジャズ・コレクションでライ・クーダーを扱った理由は、アルバム・タイトルが、ズバリ 「ジャズ」 の為。
アルバムはライ・クーダー、1978年のリリース、ワーナー・ブラザース・レコードからのリリース、ライ・クーダーの考えるジャズ。
共演者は、個人的にピアノのアール・ハインズ(4曲目のみ)以外、聞いた事のないミュージシャンが多数参加。
難を言えば、もう少し名の知れたジャズ・ミューシャンを参加させてもいいのでは。
演奏は、デキシーを基調にブルース、ラグタイム、フォーク、カントリー、ワールドの香りを混ぜ、ライ・クーダー自身も参加している。
聴きどころは、演目の作曲者に注目したい。
以下、演目の作曲者を明記する。
01. Big Bad Bill Is Sweet William Now / Written-By – Jack Yellen, Milton Ager
02. Face To Face That I Shall Meet Him / Adapted By – Joseph Spence / Written By – Traditional
03. The Pearls (Tia Juana) / Adapted By – Ry Cooder / Written-By – Jelly Roll Morton
04. The Dream / Written-By – Jack The Bear, Jess Pickett
05. Happy Meeting In Glory / Adapted By – Joseph Spence / Written By – Traditional
06. In A Mist / Written-By – Bix Beiderbecke
07. Flashes / Written-By – Bix Beiderbecke
08. Davenport Blues / Written-By – Bix Beiderbecke
09. Shine / Written-By – Cecil Mack, Ford Dabney
10. Nobody / Written-By – Bert Williams
11. We Shall Be Happy / Adapted By – Joseph Spence / Written By – Traditional
見ての通り、聴かせるジャズではあるが、ライ・クーダーらしく、ジャズの源流と自分との対話に焦点を置いている。
特に、スイング・ジャズ以前のビックス・バイダーベックやジェリー・ロール・モートンの曲、そしてトラディショナルな作品を取り上げている。
それにしても、ライ・クーダーは演奏と学究的な顔を持つユニークなミュージシャンといえる。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲