青木高見のジャズコレクション Gerald Wiggins (p, org) ジェラルド・ウィッジンズ = ジェリー・ウィジンス


寸評
ジェラルド・ウィッジンズ = ジェリー・ウィジンス (Gerald Wiggins 1922年5月12日~2008年7月13日) はアメリカ合衆国ニューヨーク市生まれのジャズ・ピアニスト、オルガニスト。
ハード・バップのバリバリというよりは、エンターテインメント色が強い。
映画の題材などをジャズで表現するのがユニーク。
名前の読み方で、ジェラルドなのでジェリー。
ウィッジンズもウィジンス、ウィギンズなど圏によって違う、それをカタカナで表すため色々呼ばれる。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】
      sell

【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Gerald Wiggins / Around The World In 80 Days Around The World In 80 Days Soundtrack Gerald Wiggins / Around The World In 80 Days

Recorded : June 12, 1957

Personnel :
Gerald Wiggins (p)
Eugene Wright (b)
Bill Douglass (ds)

Song name :
01. Around The World Pt.1
02. Aouda
03. Passepartout
04. Around The World Pt.2
05. La Coquette
06. Around The World (Beguine)
07. The Royal Barge
08. Way Out West

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジェラルド・ウィッジンズ = ジェリー・ウィジンス (Gerald Wiggins 1922年5月12日~2008年7月13日) はアメリカ合衆国ニューヨーク市生まれのジャズ・ピアニスト。
アルバムはジェラルド・ウィッジンズ、1957年6月12日の録音、映画 「80日間世界一周」 を題材にしたジャズ・ピアノ・トリオ。
共演者は、ベースがユージーン・ライト、ドラムがビル・ダグラス。
ジェラルド・ウィッジンズの経歴が凄い。
1942年にルイ・アームストロング楽団に在籍。
1959年にはハリー・ジェームス楽団に在籍。
その他ダイナ・ワシントン、リナ・ホーンなど数多くの歌伴を勤めた。
マリリン・モンローなどのハリウッド・スターの歌唱指導も行った。
端正、優雅、お洒落で粋なピアノが特徴。
「80日間世界一周(Around the World in 80 Days)」 は、1956年のアメリカ・アドベンチャー映画。
この素材をテーマにしたのが実にユニーク。
このサウンド・トラック盤も合わせて聴くと楽しい。
映画のあらすじは、1872年、主人公のフォッグ氏が20,000ポンドの賭けに勝利するため、気球・鉄道・蒸気船などを利用して80日間での世界一周を目指すというもの。
有名俳優が箇所箇所でちょっとだけ、それも多数登場する。
たとえば、酒場のピアニストはフランク・シナトラであったりとか。
ちなみに、テーマ曲 「Around the World」 は、ビクター・ヤングの作品。
曲名は知らなくても、少し古いが 「兼高かおる 世界の旅 (1959年12月13日から1990年9月30日TBS系列)」 毎週日曜日の朝の放映された番組のBGMに使用された。
(青木高見)





Lee Morgan / Delightfulee Gerald Wiggins / The King And I

Recorded : 1958

Personnel :
Gerald Wiggins (p)
Eugene Wright (b)
Bill Douglass (ds)

Song name :
01. March Of The Siamese Children
02. Shall We Dance?
03. Something Wonderful
04. Getting To Know You
05. I Whistle a Happy Tune
06. We Kiss In a Shadow
07. I Have Dreamed
08. Hello, Young Lovers
09. March Of The Siamese Children (reprise)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジェラルド・ウィッジンズ = ジェリー・ウィジンス (Gerald Wiggins 1922年5月12日~2008年7月13日) はアメリカ合衆国ニューヨーク市生まれのジャズ・ピアニスト。
アルバムはジェラルド・ウィッジンズ、1958年の録音、ミュージカルの 「The King And I (王様と私)」 を題材にしたジャズ・トリオ。
共演者は、ベースがユージーン・ライト、ドラムがビル・ダグラス。
アルバム 「80日間世界一周」 と同じメンバー。
映画の話になるが、 「The King And I (王様と私)」 は、マーガレット・ランドンが1944年に発表した小説 「Anna and the King of Siam (アンナとシャム王)」 が原作。
1951年に初演されたミュージカル作品、1956年に製作されたアメリカ映画、王様に扮したユル・ブリンナーが有名。
ジェラルド・ウィッジンズは、1942年にルイ・アームストロング楽団、1959年にはハリー・ジェームス楽団に在籍していた。
その他ダイナ・ワシントン、リナ・ホーンなど多くの歌伴を勤めた。
マリリン・モンローなどのハリウッド・スターの歌唱指導も行った。
ジェラルド・ウィギンスのゴージャズなピアノを楽しもう。
(青木高見)





Jerry Wiggins And  Harold Land / Wiggin' Out sell Jerry Wiggins And Harold Land / Wiggin' Out

Recorded : 1960

Personnel :
Jerry Wiggins (org)
Harold Land (ts)
Jackie Mills (ds)

Song name :
01. Wiggin' Out
02. Teach Me Tonight
03. Night In Tunisia
04. Well Dove
05. Don't Get Around Much Anymore
06. Without A Song

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジェラルド・ウィッジンズ = ジェリー・ウィジンス (Gerald Wiggins 1922年5月12日~2008年7月13日) はアメリカ合衆国ニューヨーク市生まれのジャズ・ピアニスト、オルガニスト。
アルバムはジェラルド・ウィッジンズ = ジェリー・ウィジンス、1960年の録音、ハイファイ・レーベルからのリリース。
共演者は、テナーサックスがハロルド・ランド、ドラムがジャッキー・ミルズ。
いつもはピアノだが、ここではオルガンを弾いている。
演奏は、肝心なオルガン、右手だけは何とか聴けるが、左手、そしてベースの足に至っては趣味の域を出ない。
最後まで聴くのがやっとで、正直ガッカリさせられた。
ピアノは抜群のセンスを持っている人なので実に惜しい。
唯一の救いは、テナーサックスのハロルド・ランドで抜群にいい。
ただ、個人的に、アルバム全体で聴くので、何とも苦しい。
話は飛ぶが、ドラムのジャッキー・ミルズは、あまり名を聞かないドラマーだが、ライオネル・ハンプトンの名盤スターダスト 「Lionel Hampton / Stardust」 に参加している。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲