青木高見のジャズコレクション King Pleasure (vo) キング・プレジャー


略歴
キング・プレジャー (King Pleasure 1922年3月24日~1981年3月21日) はテネシー州オーク生まれの男性ジャズ歌手。

【INDEX (リーダーアルバム)】


【以下コンテンツ】


King Pleasure / Golden Days sell King Pleasure / Golden Days

Recorded : April 14, 1960

Personnel :
King Pleasure (vo)
Gerald Wiggins (p)
Teddy Edwards (ts)
Harold Land (ts)
Matthew Gee (tb)
Wilfred Middlebrooks (b)
Earl Palmer (ds)

Song name :
01. Moody's Mood For Love (I'm In The Mood For Love)
02. The New Symphony Sid
03. Don't Worry 'Bout Me
04. Little Boy, Don't Get Scared
05. Parker's Mood
06. Golden Days
07. Tomorrow Is Another Day
08. No, Not Much
09. All Of Me

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : キング・プレジャー (King Pleasure 1922年3月24日~1981年3月21日) はテネシー州オーク生まれの男性ジャズ歌手。
アルバムはキング・プレジャー、1960年4月14日の録音。
共演者は、ピアノがジェラルド・ウィギンズ、テナーサックスがテディ・エドワーズとハロルド・ランド、トロンボーンがマシュー・ジー、ベースがウィルフレッド・ミドルブルックス、ドラムがアール・パーマー。
冒頭の 「Moody's Mood For Love」 ジェームス・ムーディーとエディー・ジェファーソンの十八番をあえて持ってきてスタート。
このアルバムの購入理由は、共演者がピアノのジェラルド・ウィギンズである事。
更に、テナーのテディ・エドワーズとハロルド・ランドの参加。
もうこれで決まり。
という事で実際に聴いてみると、なんとキング・プレジャーとブロッサム・ディアリーのデュエットがあるではないか。
ブロッサム・ディアリーは、例のキンキン声ではなく、ノーマルで唄っているのが凄いお宝だと思う。
だから、そう、ジャズは聴いてみなくちゃ、解らない。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲