青木高見のジャズコレクション Sammy Davis Jr. (vo, tap) サミー・デイビス・Jr.




Sammy Davis Jr. and Count Basie / Our Shining Hour Sammy Davis Jr. and Count Basie / Our Shining Hour

(注) このアルバムはサミー・デイヴィス・ジュニアのリーダーアルバム扱いとしています。
バックバンドがカウント・ベイシーのため「Count Basie」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : 9/1~5/1964

Personnel :
Sammy Davis Jr. (vo, tap)
【The Count Basie Orchestra】
Count Basie (p, bandleader)
Quincy Jones (arr, cond)
George Rhodes (arranger)
Al Aarons (tp)
Sonny Cohn (tp)
Wallace Davenport (tp)
Joe Newman (tp)
Snooky Young (tp)
Henderson Chambers (tb)
Henry Coker (tb)
Bill Hughes (tb)
Grover Mitchell (tb)
Marshall Royal (cl, as)
Eric Dixon (ts)
Sal Nistico (ts)
Charles Fowlkes (baritone saxophone)
Frank Wess (saxophone)
Freddie Green (g)
Ray Brown (b)
Sonny Payne (ds)
Emil Richards (percussion)

Song name :
01. My Shining Hour
02. Teach Me Tonight
03. Work Song
04. Why Try To Change Me Now
05. Blues For Mr. Charlie
06. April In Paris
07. New York City Blues
08. You're Nobody Till Somebody Loves You
09. She's A Woman (W-O-M-A-N)
10. The Girl From Ipanema
11. Keepin' Out Of Mischief Now
12. Bill Basie Won't You Please Come Home

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : サミー・デイヴィス・ジュニア(Sammy Davis Jr. 1925年12月8日~1990年5月16日)はアメリカ合衆国ニューヨーク生まれの歌手、俳優、エンターテイナー。
アルバムはサミー・デイヴィス・ジュニア、1964年の録音。
伴奏はカウント・ベイシー・オーケストラ、アレンジはクインシー・ジョーンズ。
演奏はスタンダードを中心に、ブルースあり、バラードありと、いながらにしてラウンジのショーを見ている気分になる。
サミー・デイヴィス・ジュニアのアルバムの中でも代表作になる。
日本では1973年、サントリーホワイトのテレビCMで有名になった。
本来、歌だけではなく抜群のリズム感を生かしたタップ・ダンスの名人だった。
しかし、その影では非情な人種差別も受け大変苦労したという。
(青木高見)





▲ページの上に戻る▲