青木高見のジャズコレクション Blossom Dearie (p, vo) ブロッサム・ディアリー


略歴
ブロッサム・ディアリー (Blossom Dearie 1926年4月28日~2009年2月7日) はアメリカ合衆国ニューヨーク州イースト・ダーラム生まれの女性ジャズ・ヴォーカリスト、ピアニスト。
その歌声は一度聴いたら忘れない。
たとえるなら、少女の様ま声。
その声でピアノで弾き語り。
根底には、ズバ抜けたジャズの素養とセンスがある。
経歴は。 1940年代 様々なコーラス・グループに参加、カクテル・ピアニストとしてもクラブやバーで歌っっていた。
1952年 フランスに移住して活動した時に、ヴァーヴ・レコードのノーマン・グランツの目にとまる、その後、アメリカとフランスを行き来する。
過日、DiskUnion吉祥寺店で晩年のブロッサム・ディアリーを聴かせてもらった。
驚いたのは声が衰えていなかった事。
そのかわり当然だが、風貌は若い時の面影はなくなっていた。
何となく悲しい気持ちになった。
2006年までマンハッタンでライブを行っていたそうだが、2009年2月7日惜しくも他界した。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】



Blossom Dearie / Blossom Dearie Blossom Dearie / Blossom Dearie

Recorded : September 11-12, 1956

Personnel :
Blossom Dearie (p, vo)
Ray Brown (b)
Jo Jones (ds)

Song name :
01. 'Deed I Do
02. Lover Man
03. Ev'rything I've Got
04. Comment Allez-Vous
05. More Than You Know
06. Thou Swell
07. It Might as Well Be Spring
08. Tout Doucement
09. You for Me
10. Now at Last
11. I Hear Music
12. Wait Till You See Her
13. I Won't Dance
14. Fine Spring Morning
15. They Say It's Spring [*]
16. Johnny One Note [Additinal track on CD only]
17. Blossom's Blues [Additinal track on CD only]

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ブロッサム・ディアリー (Blossom Dearie 1926年4月28日~2009年2月7日) はアメリカ合衆国ニューヨーク州イースト・ダーラム生まれの女性ジャズ・ヴォーカリスト、ピアニスト。
アルバムはブロッサム・ディアリー、1956年9月11日・12日の録音、ヴァーヴ・レーベルからのリリース。
共演者は、ベースがレイ・ブラウン、ドラムがジョー・ジョーンズ。
大御所のバックを相手に、堂々とわたりあうピアノに驚く。
それと、何ともコケティシュで子供の様な声、一度聴いたら忘れない。
おそらく女性ジャズ・ヴォーカルの中でも特にユニークな声ではないだろうか。
経歴は、1940年代に様々なコーラス・グループに参加した。
カクテル・ピアニストとしてもクラブやバーで歌っっていたという。
1952年にフランスに移住して活動する、その時にヴァーヴ・レコードのノーマン・グランツの目にとまる。
2006年までマンハッタンでライブを行っていたそうだが2009年2月7日惜しくも他界、ご冥福をお祈りする。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはブロッサム・ディアリー、1956年9月11日と12日の録音、ヴァーヴ・レーベルからのリリース。共演者は、ベースがレイ・ブラウン、ドラムがジョー・ジョーンズ。大御所のバックを相手に、堂々とわたりあうピアノに驚く。それと、何ともコケティシュで子供の様な声、一度聴いたら忘れない。おそらく女性ジャズ・ヴォーカルの中でも特にユニークな声ではないだろうか。経歴は、1940年代に様々なコーラス・グループに参加した。カクテル・ピアニストとしてもクラブやバーで歌っっていたという。1952年にフランスに移住して活動する、その時にヴァーヴ・レコードのノーマン・グランツの目にとまる。2006年までマンハッタンでライブを行っていたそうだが2009年2月7日惜しくも他界、ご冥福をお祈りする。
(青木高見)





Blossom Dearie / Give Him The Ooh-La-La Blossom Dearie / Give Him The Ooh-La-La

Recorded : September 12–13, 1957

Personnel :
Blossom Dearie (vo, p)
Herb Ellis (g)
Ray Brown (b)
Jo Jones (ds)

Song name :
01. Just One of Those Things
02. Like Someone in Love
03. Between the Devil and the Deep Blue Sea
04. They Say It's Spring
05. Try Your Wings
06. Bang Goes the Drum
07. The Riviera
08. The Middle of Love
09. Plus je t'embrasse
10. Give Him the Ooh-La-La
11. Let Me Love You
12. I Walk a Little Faster [CD reissue bonus tracks not included on the original 1958 release]
13. Give Him the Ooh-La-La / Alternate Take #1 [CD reissue bonus tracks not included on the original 1958 release]
14. Give Him the Ohh-La-La / Alternate Take #2 [CD reissue bonus tracks not included on the original 1958 release]

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ブロッサム・ディアリー (Blossom Dearie 1926年4月28日~2009年2月7日) はアメリカ合衆国ニューヨーク州イースト・ダーラム生まれの女性ジャズ・ヴォーカリスト、ピアニスト。
アルバムはブロッサム・ディアリー、1957年9月12日・13日の録音、ヴァーヴ・レーベルからのリリース。
共演者は、ギターがハーブ・エリス、ベースがレイ・ブラウン、ドラムがジョー・ジョーンズ。
しかし、聴くたびに子供の様な面白い声だなあ、と思う。
普通だったら、聴いているうちにイライラしてきそうだが、このブロッサム・ディアリーだけは不思議と魅力がある。
たまに、むしょうに聴きたくなるから、彼女が本当のジャズ・ミュージシャンである証拠と言える。
そのせいかバックは超が付く百戦錬磨のジャズマンが付く。
面白い事に、このバックを、ピアノと歌でグイグイ引っぱていくから凄い。
ところで、タイトルにもなっている 「Ooh-La-La」。
「ウ・ラ・ラ (U La La)」 はフランス語の俗語は 「イチャつき浮かれる恋人達」。
「Ooh la la」 はフランス語で 「わー凄い! とかカッコいい! イカす!」。
偶然にも、日本語の 「うらら」 は 「うららか」 に似ていて、のどかで、ゆったりとした春の陽気という意味になる。
結構、頻繁に使われ、意味は知らないが、言葉は日常的に使われる。
そう言えば、ロッカーのロッド・スチュアートも、このタイトルのアルバムがあった。
話は飛ぶが 「チェリー・ブッロサム」。
春の満開の桜、偶然とは言え、この 「うららか」 「春」 のニュアンスに馴染んでしまう。
(青木高見)





Blossom Dearie / Once Upon A Summertime Blossom Dearie / Once Upon A Summertime

Recorded : September 12-13, 1958

Personnel :
Blossom Dearie (p, vo)
Ray Brown (b)
Mundell Lowe (g)
Ed Thigpen (ds)

Song name :
01. Tea For Two
02. Surrey With The Fringe On Top
03. Moonlight Saving Time
04. It Amazes Me
05. If I Were A Bell
06. We'Re Tonight
07. Teach Me Tonight
08. Once Upon A Summertime
09. Down With Love
10. Manhattan
11. Doop-Doo-De-Doop
12. Love Is Here To Stay

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ブロッサム・ディアリー (Blossom Dearie 1926年4月28日~2009年2月7日) はアメリカ合衆国ニューヨーク州イースト・ダーラム生まれの女性ジャズ・ヴォーカリスト、ピアニスト。
アルバムはブロッサム・ディアリー、1958年9月12日・13の録音。
共演者は、ベースがレイ・ブラウン、ギターがマンデル・ロー、ドラムがエド・シグペン。
百戦錬磨の大御所のバックを従えて、コケティシュな声がはじける。
一度聴いたら忘れない、何ともユニークな声。
経歴は、1940年代に様々なコーラス・グループに参加。
カクテル・ピアニストとしてもクラブやバーで歌っっていた。
1952年にフランスに移住して活動した際にヴァーヴ・レコードのノーマン・グランツの目にとまる。
その後、アメリカとフランスを行き来する。
話は飛ぶが、ブロッサム・ディアリーのベースマンはレイ・ブラウンという事が、何とも凄い。
不思議な事に気がついた、コレクションした3枚のアルバム、1956年、57年、58年、同じ月の9月に収録された事。
ここらへんが、実に女性らしく、律儀な性格を感じる。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはブロッサム・ディアリー、1958年9月12日と13日の録音。共演者は、ベースがレイ・ブラウン、ギターがマンデル・ロー、ドラムがエド・シグペン。百戦錬磨の大御所のバックを従えて、コケティシュな声がはじける。何ともユニークな声。一度聴いたら忘れない。経歴は、1940年代に様々なコーラス・グループに参加。カクテル・ピアニストとしてもクラブやバーで歌っっていた。1952年にフランスに移住して活動した際にヴァーヴ・レコードのノーマン・グランツの目にとまる。その後、アメリカとフランスを行き来する。話は飛ぶが、ブロッサム・ディアリーのベースマンはレイ・ブラウンという事が、何とも凄い。
(青木高見)





Blossom Dearie / May I Come In Blossom Dearie / May I Come In

Recorded : February 13-15, 1964

Personnel :
Blossom Dearie (vo, p)
Jack Marshall (arr, cond)

Song name :
01. Something Happens to Me
02. I'm in Love Again
03. When Sunny Gets Blue
04. Quiet Nights of Quiet Stars
05. Don't Wait Too Long
06. I Wish You Love
07. Charade
08. May I Come In?
09. I'm Old Fashioned
10. Love Is a Necessary Evil
11. The Best Is Yet to Come
12. Put on a Happy Face

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ブロッサム・ディアリー (Blossom Dearie 1926年4月28日~2009年2月7日) はアメリカ合衆国ニューヨーク州イースト・ダーラム生まれの女性ジャズ・ヴォーカリスト、ピアニスト。
アルバムはブロッサム・ディアリー、1964年2月13日から15日の録音、キャピトル・レーベルからのリリース。
編曲と指揮がジャック・マーシャル。
演奏は、普段はピアノの弾き語りの彼女だが、今回は小規模オーケストラをバックにシックに歌う。
キャピトル・レーベルから、たったい1枚の貴重さも、さる事ながら。
全体に夢見ごこちの、ゆったりとした雰囲気がたまらない。
こういうブロッサム・ディアリーが、あったのだ。
コレクション冥利に尽きる1枚。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲