青木高見のジャズコレクション Casiopea カシオペア




(Casiopea) / Cross Point (Casiopea) / Cross Point

Recorded : 10/21/1981

Personnel :
[Casiopea カシオペア ]
Issei Noro / 野呂一生 (g)
Minoru Mukaiya / 向谷実 (key)
Tetsuo sakurai / 桜井哲夫 (b)
Akira Jimbo / 神保彰 (ds)

Song name :
01. Smile Again
02. Swear
03. A Sparkling Day
04. Span Of A Dream
05. Domino Line
06. Galactic Funk
07. Sunnyside Feelin'
08. Any Moment/We'll Be One
09. Endless Vision

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : カシオペア (Casiopea) は日本のフュージョン音楽界を代表するバンド。
結成は1977年、ヤマハのアマチュア・バンド・コンテスト「EastWest」をベースに活動開始。
アルバムリリースは1981年10月21日通算6枚目の作品。
メンバーはギターが野呂一生、キーボードが向谷実、ベースが桜井哲夫、ドラムが神保彰。
CD化は2001年ヴィレッジ・レコードによってデジタルリマスター化。
あの時、聴いた音が長い年月を飛び越えて耳に届く。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」「タワーレコード」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : カシオペア、リリースは1981年10月21日通算6枚目の作品。
CD化は2001年ヴィレッジ・レコードによってデジタルリマスター化。
あの時聴いた音が長い年月を飛び越えて耳に届く。
(青木高見)




Casiopea / Mint Jams Casiopea / Mint Jams

Recorded : 2.23-24.1982

Personnel :
Casiopea カシオペア
Issei Noro / 野呂一生 (g)
Minoru Mukaiya / 向谷実 (key)
Tetsuo sakurai / 桜井哲夫 (b)
Akira Jimbo / 神保彰 (ds)

Song name :
01. Take Me
02. Asayake
03. Midnight Rendezvous
04. Time Limit
05. Domino Line
06. Tears of the Star
07. Swear

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : カシオペア (Casiopea) は日本のフュージョン音楽界を代表するバンド。
結成は1977年、ヤマハのアマチュア・バンド・コンテスト「EastWest」をベースに活動開始。
アルバムはカシオペア、1982年2月23日24日、東京築地の中央会館でのライブ。
メンバーは、ギターが野呂一生、キーボードが向谷実、ベースが桜井哲夫、ドラムが神保彰。
当初LPで所持していたがCDに買い替えた。
演奏コンセプトは、スタジオの緻密さと、ライブしかできない圧倒的な迫力の渾然一体の表現。
最初から計算された録音、その後の入念なミックスダウン。
それにしても男らしいのは、全曲が「かぶせなしの一発録音音源」で商品化されたこと。
おそらく当時の世界に通用するレベル、当然日本では最高のフュージョンバンドの音源記録となった。
昔のレコードを聴いて、昔を何度も懐かしむような回顧趣味ではジャズの場合、全部か昔の音源なので、いくら懐かしんだところでキリがない。
この「ミントジャム」こそ国産のフュージョンの幕開けを記念する一枚といえる。
これから先も陳腐化することなく永遠に聴き継がれることだろう。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」「タワーレコード」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : カシオペアのミントジャム、当初LPで所持していたがCDに買い替えた。
アルバムはカシオペア、1982年2月23日24日、東京築地の中央会館でのライブ。
メンバーは、ギターが野呂一生、キーボードが向谷実、ベースが桜井哲夫、ドラムが神保彰。
演奏コンセプトは、スタジオの緻密さと、ライブしかできない圧倒的な迫力の渾然一体の表現。
最初から計算された録音、その後の入念なミックスダウン。
それにしても男らしいのは、全曲が「かぶせなしの一発録音音源」で商品化されたこと。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲