青木高見のジャズコレクション Sergio Brandao (b) セルジオ・ブランデオ


寸評
サム・ブテラ(サム・ビューテラ) (Sam Butera 1927年8月17日~2009年6月3日) はアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれのジャズ・サックス奏者。
(青木高見)

【INDEX (リーダー・アルバム)】
sell

【以下コンテンツ】


Sam Butera / The Big Horn sell Sam Butera / The Big Horn

Recorded : ?

Personnel :
Sam Butera (ts)
[The Witnesses (Backing Band)]
Willie "The Wailer" MacCumber (p)
Bobby Roberts (g) #03
Lou Sino (tb)
Chu Chu Liuzza (b)
Paul Ferrara (ds)

Song name :
01. La Vie En Rose
02. All The Way
03. Tennessee Waltz
04. Love Is A Many Splendored Thing
05. Too Young
06. Around The World
07. Three Coins In The Fountain
08. I Love Paris
09. On The Street Where You Live
10. Hey There
11. The Song From Moulin Rouge
12. Rock-A-Bye Your Baby With A Dixie Melody

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : サム・ブテラ(サム・ビューテラ) (Sam Butera 1927年8月17日~2009年6月3日) はアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれのジャズ・サックス奏者。
アルバムはサム・ブテラ(サム・ビューテラ)、1958年10月、キャピタル・レコードの音源、東芝EMI株式会社からのリリース。
演奏は、 R and B を基軸にビッグバンド・ポップスタイルのテナー。
メインストリームのジャズ・ファンが好きか嫌いか分かれるところ。
日本盤のCDは、寺島靖国氏の 「ホーンならコレを聴け!」 シリーズの5枚目。
ライナーは当然、寺島靖国氏。
サム・ブテラに関するデータの記述はなく、寺島氏の私的なコメントで少しがっかり。
ジャズ・ファンとしては、ジャズに関するピュアなデータが知りたい。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲